<主な対応地域>

千葉市中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区、東京23区

営業時間
受付時間:
6:30~8:00/10:30~14:00
休日:月曜・土曜・日曜・祝日
(緊急案件は対応できることもあります)

お問合せ・ご相談はこちらから

090-9982-5084

就業規則作成、技術経営顧問、労働基準監督署対応なら千葉市の
社会保険労務士 中川経営管理事務所

社会保険労務士 中川雅博

◆中川経営管理事務所の理念◆

中川経営管理事務所は、「経営工学的手法」と「総合技術監理の概念」に基づく経営コンサルティングにより、現代社会が抱えている様々な問題を論理的に解決することを目指しています。

労務リスクの少ない就業規則は『予防法務』の要!

千葉市の社会保険労務士・中川経営管理事務所では、経験豊富な社労士が、リスク対応型就業規則の作成をはじめ、創業・会社設立・事業継承後の社会保険・雇用保険の適用・変更、労働トラブル対応、労働相談などのサービスを提供しております。お気軽にご相談ください。

<主な対応地域>千葉市(千葉駅・西千葉駅・稲毛駅周辺)、東京23区

リスク対応型就業規則の作成を得意とします。ご要望をうかがいながら、労務リスクを抑え込んだ就業規則に仕上げます。つまり、リスク対応型就業規則は、紛争を未然に防ぐ「予防法務」の要です。

そして、ごく最近の就業規則作成の潮流は、「社長の経営理念を強く反映させたルールブックとしての規程」にすることです。理系出身の社労士と一緒に、活き活きとした規程をつくりましょう。

【就業規則無料リスク診断実施中】まずは、会社名、業種、従業員数等をご連絡ください。

選ばれる理由

「法律と判例」「実務」の両面から
実現可能な対応策を一緒に考えます。

お困りの案件を丁寧に分析し、真の問題点をあぶりだすことで、実現可能な解決策を見出していきます。

社会保険労務士のほかにも、技術士(総合技術監理部門)、博士(農学)、健康経営アドバイザー等の資格を有しており、多様な視点から問題解決を図ります。

リスク対応型の就業規則をメインに、
助成金対応も可能です。

新規に作成することはもちろんのこと、手元にある就業規則の改定もできます。

トラブルを未然に防ぐこと。つなり、リスクを予見し、納得できるレベルまでに抑え込むことが組織の存続に重要です。

また、雇用保険法のキャリアアップ助成金等の申請に適した改定も可能です。

労働トラブル―はじめの相談所
労働者側のご相談にも対応可能

十分に時間をとり、事実関係をヒアリングさせていただきます。

会社側だけでなく、労働者側のご相談も対応しています。

「未払い賃金」「パワハラ・セクハラ」「退職勧奨・退職強要」については、すみやかにご相談ください。

労働トラブルへの対応の場合、選択肢はいくつかあり、相手と徹底的に戦うことも、話し合いで和解することも、次の働き方を見つけてサッサと現職場を去ることも、それが納得のうえならば、いずれも正解でしょう。

むしろ、あなたの今まで築き上げたキャリアで、キラリと光る箇所を見つけ出し、今後、どのような仕事をしていくかを、一緒に考えていきましょう。

会社側労働者側ともに、紛争を未然に防ぐことが重要です。この「リスクマネジメント」「予防法務」の考え方が、現代は必須です。

サービスのご案内

会社が、いっそう発展していくビジョンを、一緒に語らいながら、過不足ない文章を作成するようにしています。特に、服務規律に社長の想いを反映させるようにしています。

 

【予告】

2021年1月から、京滋エリア(京都市東山区・山科区、大津市、草津市)のサービスを開始します。

年に2回の会社訪問のほかは、電子申請による手続きとオンライン面談による業務を完了させます。首都圏出張時を利用した面談も可能です。

また、予防法務を重視する観点から、年に1回1時間の弁護士、税理士もしくは行政書士によるオンライン法律相談も実施します。法律解釈のセカンドオピニオンにもお使いただけます。

なお、中川経営管理事務所が創業された「大津オフィス」(大津ICからクルマで3分)での面談も可能です。

 

 

20代、30代の若い社長歓迎です。小規模な会社さまも歓迎です。一緒に、いろいろと知恵を絞りながら、課題を一つずつ片付けていくことを心がけています。事業が軌道に乗るまで、事業所への訪問回数を増やす『伴走パック』が人気です。

【技術経営顧問】

千葉大学、千葉工業大学、東京理科大学(野田キャンパス)発のベンチャー企業の会社設立、労働保険・社会保険のご相談は、中川経営管理事務所にご連絡ください。博士(農学)・技術士(総合技術監理部門/環境)で「ふみ技術士事務所」所長でもある中川雅博が、資金調達等とリスクマネジメントを含めた総合コンサルティングを行います。科学領域に経験豊富な税理士・弁理士・弁護士と連携し、御社に最適な法務部門を築きます。ご契約の参考にさせていただきますので、ご自身の主たる論文1点を拝見させてください。

メールアドレス:「gf998002」アットマークyahoo.co.jpに、「社労士業務」とタイトルをつけ、ご送付ください。折り返しのメールがなければ、お手数ですが、090-9982-5082にご連絡ください。

ものづくり補助金のご相談も承っています。

 

ビジネスパーソンの労働相談ー状況をお知らせください。どのような手を打つべきか、一緒に考えましょう。平日の19:30~21:30や、土日祝なども、「予約制」でご相談していただけます。

外資系企業からの退職・独立、競業避止、知的財産権が絡む高度な案件は、特定社会保険労務士(※)で、各種紛争に係る行政協力・司法協力を手掛ける中川経営管理事務所に、まずはご相談ください。

知的財産権が絡む紛争に強い弁護士、特定侵害訴訟代理業務が可能な弁理士と協働し、問題解決を図ります。

※個別労働紛争解決代理業務ができる社会保険労務士

※2020年5月30日時点で、業務繁忙のため、対応しておりません。しかしながら、他の社労士事務所で断られてしまった等でお困りの方は、「お問合せフォーム」からご連絡ください。

 

 

お客さまの声

退職トラブルの相談(労働者側)

新年早々にも関わらず、時間を取っていただき、大変ありがたかったです。専門家に話を聞いていただき、状況と今後の進め方が理解できました。また、精神的にも救われました。

知人にもお勧めしたい

実際の労働問題や判例等を交えて、どういうところに重きを置くかなど、分かりやすく丁寧に対応していただきました。どのようなところが今後どのようなの問題を生むか、雇用契約をする上で必要知識を教えていただき、不安が解消されました。

お知らせ

2020/3/26
中川雅博著『「職場のストレス」を和らげる法律のお守り』(玄武書房)税込み1,540円 Amazonにて発売中
 
あなたの労働環境を守るのは「あなたの知識」です。本書は職場トラブル(労働問題)に関する難しい法律をできるだけ読みやすく解説しています。今、目の前にある問題や職場ストレスに対して即効性のある【お守り】のような存在になれたら幸いです。
 
どの職場にも数多くのトラブルがあり、その問題ごとに様々なストレスが発生します。そのような職場ストレスのなかでも、身内のトラブルは日々の労働環境を左右する重大なポイントになるため、労働者としての心構えが必要であり、さらに万一、巻き込まれた際の対策を事前に知っておく必要があります。

あなたの職場にあるトラブルや不満は、あなたにとっても会社にとってもマイナスしかありません。そして、法的な観点からの早期解決と対策こそがあなたを守ります。
 
もし、あなたが管理職であれば、部下や他の社員が感じるであろう職場ストレスを軽減させたり、それ自体を発生させないための知識と努力も必要です。その解消の術を知らない会社や責任者では、従業員たちの会社への不満にも気付けず、最悪の場合、裁判沙汰にまで発展することもあります。
 
職場でのストレスの種類や、その向き合い方や対処法を知ることで、そのストレスから逃れることができるのです。本書では身近な労働問題の判例を取り上げて解説していますので、より分かりやすく現状のトラブルと冷静に向き合うことができると思います。
 
1章 働き方改革ってなんですか?
2章 パワハラ・セクハラ
3章 もっとも深刻な労働問題 解雇トラブル
4章 もっとも多い労働問題 サービス残業
5章 サービス残業を強要されたら
6章 目が離せない「同一労働同一賃金」の判例
7章 上手に活用しよう! 年次有給休暇
8章 病気やケガで働けなくなったら
9章 労働災害
10章 退職・転職・失業
11章 ひとりで悩まない
12章 管理職になったら読んでほしい話
13章 押さえておきたい働き方改革関連トピック 
 

中川経営管理事務所所長 中川雅博著

2020/4/18
〇現在、業務繁忙のため、社労士業務の新規顧問のご契約はしておりません。一般的な社労士業務については、提携している社会保険労務士等をご紹介します。

〇しかしながら、他の社労士、税理士、弁護士、行政書士事務所等で断れたなどで、途方に暮れている方は、地域に関わらずご相談ください。解決策も一緒に考えましょう。

〇中小企業庁ものづくり補助金、商工会議所小規模事業者持続化補助金のご相談を承っています。案件によっては、提携している専門家をご紹介します。通常の技術コンサルタント料は1日68,000円、ものづくり補助金を利用した専門家経費は、1日38,000円です(ものづくり補助金等は、ふみ技術士事務所で取り扱います)

→2020年7月1日時点で、業務繁忙のため上記補助金の対応も停止しております。提携行政書士をご紹介いたします。

 

年末年始の休業
2020年12月19日(土)~2021年1月11日(月)までお休みいたします。
ゴールデンウィークの休業
2020年4月18日(土)~5月11日(月)までお休みいたします。
夏季休業
2020年8月8日(土)~8月24日(月)までお休みいたします。
研修による休業のお知らせ
〇12月15日(火)~12月18日(金)
〇1月12日(火)~1月15日(金)
〇2月16日(火)~2月19日(金)
〇3月8日(月)~3月12日(金)

【お知らせ】
〇感染症蔓延を契機に、電話・メール・オンラインの面談としております。オンライン面談については、Microsoft teams、Zoom、Google Meet、Skypeのいずれかをお選びください。
まずは、お問合せフォームからご連絡くださいませ。


〇提携社労士の募集
業務繁忙のため、提携社労士を2名募集します。
会社勤務等でパラレルワークとして社労士業務を始められる方、ダブルライセンスで社労士業務も手掛ける予定の方、週1~2回又は1日決まった2時間程度を社労士業務に費やせる方のいずれか。ご住所は、首都圏である必要はありません。
問い合わせフォームでご連絡ください。

会議室へのアクセス

〒260-0045 千葉県千葉市中央区弁天1-15-3 リードシー千葉駅前ビル B1F

JR千葉駅北口徒歩1 分(1階に千葉信用金庫、2階に東進ハイスクールが入るビルの地下1階です。)

※提携専門家との三者協議の際には、こちらにお越しください。

横断歩道をわたってすぐの入り口からお入りください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-9982-5084
受付時間
6:30~8:00/10:30~14:00
休日:月曜・土曜・日曜・祝日(緊急案件はご相談ください)
受付時間外はお問合せフォームからご連絡ください